December 6, 2018


仕事

「仕事」

昔から、手数足数を減らす事を考えて仕事をしております。

頑張ったとか、大変だったとか、沢山した、というものにあまり価値

を見いだしておりません。

体力に自信は無いし、集中力も続かないので、短時間に効率よく仕事

をしたいと思っていた訳です。

最近では、こういう考え方も単なる手抜や楽したいという事ではなく

継続的に良い仕事をするための考え方として定着して来たのは、すこ

し自分の時代が来たという感じがします。

もうひとつの朗報は、設計の方が使う3Dソフトがデザイナーも使って

いるソリッドワークスというソフトが主流になってきた事です。

つまりデザイナーと設計の間の垣根が下がったという事です。

逆にいえば高価なソフトをデザイナーが使っている事自体には、アド

バンテージが無くなりつつあるという事でもあります。

わたしは設計の方が「デザイナーになっていく」というのがこれから

の潮流だろうと思っています。

単に絵が描けるとかカタチがカッコいいだけでは、デザイナーの存在

価値は作れない。

多くの作業は設計の方に依存して「勇気」をプレゼントするのがデザ

イナー(わたし)の役割だと思っています。

つまり「それでいい」という言葉の重さであり、従来の製品で行われ

ていた事を再度検証して固定概念を「ひっくり返す」という事に「裏

付け」をするのがデザイナーの役割だと思っています。

『そのままですすめて下さい。』という言葉は相当にパワーのある言

葉です。

プロダクトデザイナー 秋田道夫

10:51 AM

December 5, 2018


「つたえる技術」

narasora.jpg

https://narasora.amebaownd.com/posts/5362612?fbclid=IwAR0Wb4s-mZ64m3VcVBAcd6NshVWVpeIvi_4fscBKcRMWrXt7EMOw9r8CpHk

奈良で様々なイベントをプロデュースされている山本あつしさんのご

好意で、今月22日に大阪でトークショーをします。

お相手は、奈良在住のラジオパーソナリティーの小谷真美子さんです。

小谷さんは東京生まれで奈良に生活のベースがあり、わたしは大阪生

まれで東京で生活しているわけで、山本さんは大阪市内で生まれて

奈良で生活をされていて、そういった意味では「主体的に」生活の場

を選んだ三人といえます。

生活が出来るかどうかよりも「生活したい(活動したい)」という気

持ちを優先して場を決めた訳で、そこにはどうしても「相手に気持ち

を伝える」という技術も必要だし培われるものだと思います。

技術やスキルというと「経験を重ねると自動的に上がるもの」という

認識をされがちですが、「技術を越えて伝えたい」というパワーが無

いと向上もしないものかと思います。

「伝える技術」とタイトルしましたが、たぶんその日聴いている人達

が感じるだろうことは「意志のパワー」なんではないかなと「未来完

了的」に思ったりします。

秋田道夫

2018/12/5

11:10 AM

November 2, 2018


セット(く)力

549FE483-F3F3-4593-A248-FDD70C12AC83.jpeg

すでに発売から5年が経過したカトラリーシリーズ「mA」ですが、その

後生まれた「プリマリオ」のカトラリーレストとセットにすることを

タケダから提案していただきました。カトラリーレストの「梨地仕上げ」

が評判が良いこともあり、かつ指紋が付きにくいというメリットもある

ので、持つ部分についてカトラリーを梨地仕上げに追加加工しました。

実は、mAカトラリーこれまで「専用箱」を持っていませんでした。

製品化の最終段階で『いや、あるもので結構です。』とわたしからいい

ました。余計な負担をメーカーにかけたくなかったのですが、実際に

製品になって見ると「箱」という家の無い「家族」はちょっと収まり

どころがありません。というわけで、一部ではありますが、家族も増

えた形で「家」に収まりました。その「収まりの良さ」が想像以上で

した。

6:26 AM

October 24, 2018


DFA Design For Asia Awards 2018

DFA.jpg

「DFA Design For Asia Awards 2018」

タケダデザインプロジェクトのルーペシリーズが香港のデザイン賞

「DFA Design For Asia Awards 2018」のシルバー賞に選ばれました。

2003年に開始されてから年を追う事にその賞の評価が上がっています。

https://www.asahi.com/.../i.../pressrelease/Cjcn18102347190.html

アジアの国が中心ですが、アップル(今年もiPhone Xが金賞に選ばれて

います)やダイソン、フィリプスといったアメリア・ヨーロッパのデ

ザインオリエンテッドなメーカーがエントリーしているのも特徴とな

っています。

応募総数は知らされていませんが、例年1000点を超えているという事

ですが、その中からグランプリにあたるグランド賞が、10点(ソニー

のAIBOも選ばれています)金賞が15点銀賞が27点銅賞が47点佳作が

65点が受賞しています。

ところで、今回るーぺの受賞は単品ではなく「シリーズ」としての受

賞なので45mmも65mmもステンレスの65mmもみんな「DFA Silver

Award」なんですね。ありがたい事です。 _

全体を目にして気がつくのは、パッケージデザインと建築の受賞者の

多さです。エントリーの総数は分りませんが、日本の将来を担うパッ

ケージデザイナー・建築家達が「知られる機会」としてこのDFAを活

用している事実を知る事ができます。

実はこの受賞のお話を聞いてからわたし相当に各年度を調べましたが、

日本限定ですが、これまで知らなかったデザイナー建築家を知る事が

できました。

6:55 PM

July 7, 2018


わたしの2010年代

ここに列挙した製品は、すべて2010年以降に誕生したものです。

(プロダクト)デザインは変わるのか?

わたしは本質的に変わらないと思っています。なぜならいつも「人間」

を対象としているから。

しかし製品はつねにそのクオリティーが向上しているので、それに対応

していけば「おのずと変わる」わけです。

そういう事が判ったこの10年「デザインの流行」というものを追いかけ

た記憶がありません。流行ではない。本質を追い求める。そういう姿勢

と思考の結果物です。

秋田道夫

段差キャスター3改良最終_image.jpg

新型軽量信号機.jpg

78.JPG

ルーペステンレス.jpg

箸置き.jpg

Banalystアークレイ.jpg

スマートポール.jpg

atumo.png

ミルカ展示台.jpg

Shunik小.jpg

エコポッド.jpg

mA集合.jpg

do-nabe中.jpg

1ボールペン.jpg

12:27 PM