« 時間 | メイン | 雑感 »

May 04, 2010


消えるもの

またひとつ事務所から「モノ」が消えた。

独立してから多分ずっとあったモノであったFAXをかたづけました。

数ヶ月でかぞえるほどしかFAXで書類が送られてこない。そしてそのほとんど
が送り先をまちがえたものやどこでしらべたのかわからない勧誘の広告。

送られて来たものも少ないが、こちらから送信する事はまったくといっていほ
どしない。

じゃあなんの目的で使っていたかと言えばほぼ100パーセント「電話機」とし
て使用していました。

昨日でかけたショッピングモールのアウトレットショップで以前からいいと
思っていた電話機に巡り会ったので、それを購入。

電話機よりも後発なFAXが電話機によってその役目を終えた。

20年前の事務所の必需品は、ドラフター・大型熱線カッター・大型コピー
機・ファックスそしてワードプロセッサーだった。さらにいえば海外のデザイ
ン雑誌やデザインの関連本やオーディオセット。

それらはすべて今わたしの事務所から姿を消し最後まで頑張っていたファック
スが消えたわけです。

数ヶ月前に開催した「方丈」展は自分と仕事の関係を見直すいい機会でした。

紙と鉛筆とパソコン。机と椅子。それだけあれば仕事ができる事を再確認しま
した。

今の状態がほんとうにプロダクトデザイナーの「あるべき姿」なのかどうかは
わかりません。

もっといろんなものがなければ「最上」ではないのかもしれませんが、わたし
にとってこのミニマルが「合っている」。

そうそう忘れていました。20年前になくて今増えた「アナログ」なものがひ
とつ(ふたつ)だけあります。

それは2枚の「ホワイトボード」。

12:17 PM