« ブランド誕生 | メイン | 桑沢祭 »

September 03, 2009


ブランディング

1asahiboose1.jpg

1asahiboose2.jpg

昨日から幕張メッセで開催されている「2009分析展」に出展した旭製作所の
ブースデザインを担当しました。

わたしはインテリアデザイナーでもディスプレイデザイナーでもありませんが
このブースを旭製作所のブランディングの一環として捉えてデザインしました。

会社のログマークを集約して、見に来た人の目線に入るところに位置をきめて
極力無地の部分を多くして、展示されているものに集中できるように考えまし
た。

一番の特徴というかブランディングとして考えたのが背景板にもうけた四角い
穴とそこに置かれたフラスコそして下からのライティングです。 これは旭製
作所が手がけているものが硝子製品であり、「耐熱性に優れている」という事
を暗に示唆しています。

このブースのダーググレイにも会場での効果だけでなく、ブランディングとし
てのトータルな意味が有ります。

これまでおおきな展示スペースを借りていたものをコンパクトにして、参加で
きるイベントの数を増やしていこうという最初のブースでもあります。

デザインは基本的に同じスタイルにして、展示ブースそのものも再利用(リ
ユース)も視野に入れて考えています。

今回の展示を通してわかった問題点や改良点を検討してさらに「わかりやす
い」「見やすい」「印象に残りやすい」そういう展示ブースに進歩させてい
きたいと思っています。

10:27 AM