« うれしいものです | メイン | ランドスケープ »

August 29, 2009


居住区

1map.jpg

わたしはインターネットに住んでいるんじゃないか。

住むと言っても、そこで経済活動をしているわけでもなくて寝泊まりしている
わけでもありませんので「居る」というか「在る」という表現の方が近いのか
もしれません。

わたしはこの一年間を「デザインがいらないことに多くの人が気がついた一
年」ではないかと思っています。

まわりの状況に左右されない事が「いるもの」の重要なポイントだと思います
が、十分左右されたし、豊かでないときも買いたくなるものがどれだけあった
かを考えればデザインはそうとうにきびしい。

デザイナー自身が「いらないもの」と言ったり、「価格がデザインだ」と発言
したりするのは多分に「おかしい」しかし、デザイナーでないデザインと直接
関わっていない人にとっては取り立てて「おかしい」話ではないと思う訳で
す。

そこまで「フラット」というか「素」の状態で説得できるデザインこそが本来
のデザインだと思うのです。むつかしいのです。本来。「大文字のプロダクト
デザイン」はむつかしい。

インターネットで住む話からそれてきましたが、どう言う話からもデザインに
なってしまうのがここで住んでいる理由だと思うのです。

___________________________________

「インターネットに住んでいる」そういうフレーズが浮かんでから数ヶ月前が
経ったのですが、最近「TopHatenar」に「地図」が載るようになりました。

図は、この「Information」の「居住区」です。同じサイズの平屋が並んでい
てなかなかバランスがこのましいなと思った次第。

11:14 AM