« ブックレビュー | メイン | てきとう »

July 05, 2009


茶色いくつに赤い紐

http://waga.nikkei.co.jp/comfort/fashion.aspx?i=MMWAg6000002072009

「言語化」というか、どこまで「ひらべったく」話す方がいいのか、書くのが
いいのかそのスタンスに悩む事も少なくないのですが、「みんながわかりやす
く実行に移しやすい」という意味ではとても優れたインタビュー記事だと思い
ました。

なぜこの「茶色い靴をはきなさい」という記事を取り上げたかといえば、以前
から履いていた茶色い登山靴の靴ひもを「赤い」ものに替えたばかりだったの
で。

登山靴が街履きで流行するなんて思わなかったのですが、4年程前にスポーツ
用品店で特売されていたので買った訳です。ビブラムソールですが甲も高くな
い「準登山靴」です。

どういう時に履くかと言えば「雨の時」しかも土砂降りの時。靴下がぬれる事
無く事務所に到着します。

そういう「さしせまった事情」プラス流行もあってこのところ出番が増えてい
ます。

先日、出先から戻る地下鉄にふたりの大学生ぐらいの若者が乗ってきました。
ふたりともかなり本気の「登山靴」でした。その一人が「赤い紐」だったので
す。

『赤良いなあ。』翌日には赤い紐に買い替えました。それだけの話。

07:28 PM