« ハイブリッドデザイン | メイン | 黄金視 »

May 30, 2009


先端のおはなし

一年が経ちました。

去年も東京大学駒場リサーチキャンパスの一環である「先端科学技術研究セン
ター公開」に行ったのですが、そこから一年が経ちました。

「一年は長い」とよく書いているわたしですが、去年訪れた時のインパクトが
強すぎて克明に覚えているのでなんだか一年が一月ぐらいに感じました。

ほんとに東京大学は駒場も本郷も気持がいい。ぼーっとしていても「考え事」
をしているように感じる知的な空気に満ちています。軽くてごめんなさい。

上から四つ目の「黒い」写真はなにかといえば水槽(巨大な)で動作している
「潜水探索ロボット」の勇姿。『ウインドウズで操作しています。』という説
明員の方の説明が妙に記憶に残りました。

昨年同様今年もNosignerさんがポスターや行き先案内板・パンフレットを
担当されています。 今日も小雨気味でしたが、昨年は雨が強くて彼が作成し
た建物の下のピロティー(空間)に繰り広げた巨大な会場全体地図が十分に
その働きをみんなに見てもらえていないのが残念でした。

このイベントとても興味深し、なにより日頃見る事の叶わないすぐれた建築群
を観るだけでも面白いので来年はぜひ。 建築群といえば一番下の写真は柳宗
悦が作った「日本民芸館別館」のすぐ後ろに先端研究所が位置しているという
ことを示しています。

家から先端研究所にある時計台がちょこっと見える。「先端の先端」


1t.jpg

2t.jpg

3t.jpg

6t.jpg

4t.jpg

5t.jpg

06:29 PM