« ふしぎな一致 | メイン | らしさ »

April 09, 2009


リアルデザイン

昨日の記事も含めなんだか自分のスタンスと言うか工業デザイナーとして
「住むべき場所」が見つかったような気がします。見つかったというよりかは
既に「そこに住んでました」というべきでしょうか。

そして改めてエキサイトのインタビュー記事が、自分にとっても示唆に富んで
いたように思うのです。

「人々の生活のためにデザインは何が出来るのか」
そういう大きな質問がそこにあってわたしはそういう大きいものに明確に事は
出来ませんでした。今だったらこう言えるのです。

「使っている人に恥をかかさないモノ作り」と。

以前読んだドラッカーの本にこうあります。
『部下は上司を不意打ちから守らなくてはいけない』つまり不測の事態に備え
ていつも気持を相手(上司)の周囲に及ぼす事が使えるものの勤めだというこ
とですが、わたしはデザインにおいても同じように思います。

「製品はユーザーの使用に対する不快や不安を与えてはいけない」
「ユーザーが自らをかしこく感じる事の出来る製品」

しつけのあるデザインとはユーザーをしつける事ではなくて「すてきな自分で
いたくなる(すでにそうだと思える)」そういう事だと思います。


10:01 AM