« 初荷 | メイン | 残ることば残るモノ »

January 11, 2009


新東京百景

今年初めて、ミッドタウンに出かけたのですが、その際に国立新美術館を
通るようにしました。

東京における「空気のてざわり」はどんな感じなのか、今の東京を代表する
六本木ヒルズと国立新美術館そしてミッドタウン。それらがいっぺんに
映し込めるそんな場所を探していたら、ミッドタウンの前から美術館に
つながる道にある信号機がLED薄型灯器であることに気がつきました。

庇が通常のものよりちょっと長いものです。

仙川にある安藤ストリートの信号機。東京フォオーラムと東京駅の間に
ある信号機。ミッドタウンと国立新美術館の間にある信号機。日本橋から
日銀に向かうところにある信号機。新宿駅西口の京王百貨店前の信号機。
渋谷のNHKの入り口にある信号機。

いささかタモリ倶楽部的ではありますが、わたしの中の「新東京百景」。

ちなみに信号機の上についているKというシールの貼られたボックス
(電源箱)もデザインに関わったものです。 

かつて会社のデザイン室の窓からすぐ横に見えていた電信柱のトランスや
碍子(がいし)がなんだかかっこいいなあと思っていた青年は50をすぎて
電柱に設置される部品をデザインするようになったわけです。


1tokyo1.jpg


1tokyo2.jpg


1tokyo3.jpg


1box.jpg

04:26 PM