« 価値観の変化 | メイン | »

January 06, 2009


時代

昨年の暮れ頃からわたしは「来年はデザインが変わる年になる」そう書こうと
思っては何度も消しました。

正確にはデザインが変わるんじゃなくて時代が変わる。そういう事なんだと
思います。

坪井さんの加湿器が売れている事は、デザイン家電がちがうキーワードで語ら
れるようになるきっかけになるだろうと思っています。

プロダクトデザインの勉強を専攻したわけでなく、企業のインハウスデザイ
ナーとしてのキャリアももたない20代の青年が「機構部品をもつ」プロダク
トで実績を上げた事は、クライアントになるメーカーにも、そしてなにより同
性代のデザイナーに言い訳の通用しない現実をつきつけもし、その上の世代に
もインパクトがある事だと思っています。

坪井さんだけでなく30代から20代にかけてチカラのあるデザイナーが、そこ
にもう来ているのです。

と書こうと思っていたんです。

しかしそれだけでは「新しい時代」と書くに至らなかった。

そこに飛び込んで来たのが、アップルがMACWORLD EXPOに参加するのが
今年(2009年)で最後という通知と、スティーブン・ジョブスの体調が思わ
しくないというニュースでした。

デザインが変わると書いてもそれが良くなるとも悪くなるともわからない。
ましてや変わる事が、自分にとって有利なのか不利なのかもわからない。

すべては自分の都合ではできていない。道理にかなったものだけがこの変化に
も耐えて残るんだと思うだけです。

08:46 PM