« プリマリオを知ってもらう為に | メイン | シニアざんす »

October 08, 2008


ぶつくさ

会社にいるころの話

あるおじさんがいたわけです。

その方が面白いのはいつもぶつぶつ言っているんですね。
ふつうでいえばぶつぶつ言っている人はあまり好まれないと思うのですが
その方は、デザインの実績もあるし、そしてリーダーシップもある人物
で、その後あるソフトウエアーの会社の社長に請われて就任されたといえば
お判り頂けると思います。

決して自分のしていることを自慢しないというか、自分の「欠点」を見つけ
るのがうまいというか。それだけだったら単なる謙虚なおじさんですが、
ちゃんとまわりの事も見えていてお世辞でほめたりもしないのです。

自分を笑えるチカラというものの大切さをそのおっちゃんから学んだ気が
します。今で言う自虐ネタが上手いのでしょうか。

まわりから見ていて「うまくいっている人」が「うまくいっているフリ」を
したらみもふたもないというか、まわりの「やる気」がうまれないなあ。

というわけで「こころの師匠」から、調子が良くても悪くてもいつも「ぶつ
ぶつ」まわりに話すようになったというのは都合のいい話ですね。

08:51 PM