« パウダースノウ | メイン | 一本のボトルから »

September 14, 2008


その問い

今日は吉祥寺でAfterhoursの横田さんがお店を出しているという事で出かけ
て来ました。

オーダーしたスパークリングワインに昼下がりの熱気ととともにちょっぽーっ
としながらも富山の講演にからんで「これからわたしのデザインをどうするの
か」という問いについて「まじめな縁側話」をしておりました。

わたしは大阪で梅さんが主催した「やさしいデザインのはなし」というのは
そういう「どうするか」についてすでに一歩を踏み出した事かもしれないなあ
と思う訳です。

ひとつには、その「パウダースノー」についてもそうだしおよそ今のデザイン
の傾向を言葉にするのは大切な試みのような気がしています。

さらに大切な事は、そういう「流れの把握」だけでなくプロダクトデザイン
はなにが出来てなにをすべき仕事なのかという大きなくくりでの話をどう
みんなに伝えられるのかという事と、なによりその事を実行する事だと思い
ます。

わたしが「プロダクトデザインの可能性」を広げるものとして捉えているのが
公共機器であって信号機や券売機など「社会のインフラデザイン」について
の認識を広める事がおおきな役割だと思っています。

現状デザインを手がけても残念ながら「公共の場所での機器の未来デザイン」
を取材された事がないわけで、逆にいえばこれからの可能性ははじまったば
かりのジャンルの楽しみが有ります。

それにしてもどうして「ユニバーサルデザイン」というキーワードがありなが
らそことリンクしないんでしょうね。 だからこそどんどん提案をして行こう
と思うわけです。 それには研究機関との共同制作も視野に入れなくては。

よってる場合じゃない。

06:27 PM