« 日常品 | メイン | その後で »

July 25, 2008


ファクシミリ

1FAX.jpg

スケッチの下には1989年とあります。独立して二年目です。

当時のわたしは「一番伝わりにくい絵」を描いていた時期かもしれません。

いや「びりびり」っと来る人は当時も今もいると思ってます。

こういう「難解なラフスケッチ」をクライアントに平気で持って行ってました。

ファクシミリというのは「決定版」が生まれないままその役割を終えようと
している機械かもしれません。「名品」というかデザインの優れたものを
あげるのが難しい。

当時流行の「セマンティック」の流れに乗って「紙がしなやかに落ちていく
様子」を描いた「つもり」。

04:14 PM