« ブックレビュー | メイン | 重さのデザイン »

June 15, 2008


やさしいデザインのはなし

http://design.lives.com/

7月の6日に大阪で「やさしいデザインのはなし」と題して講演をさせていただ
きます。

先週の二日間、濃密にデザインについて考える機会がありました。そのことに
ついては別の機会に話したいと思いますが、そこで感じた事は「伝える」とい
う事についてです。

ある物事に深く長く関わっていると「その事(自分がデザインしたもの)」が
なんだかすべて「相手に伝わっている」と勘違いしがちです。

逆な言い方をすると「その事」についてはじめから改めて相手に説明するのが
恥ずかしくなったり、「失礼な行為」とすら思うようになってしまいます。

いったん「その事」から距離をおいて冷静にまわりをみまわして、「どう見えて
いるのか」をちゃんと説明しないといけない。そう改めて感じるいい機会でした。

「デザイン」というタイトルにしていますが、実際にお話しする事の大部分が
プロダクトデザインについての話題になると思います。

人が「デザイン」というものに最初に触れるのは哺乳瓶だったりベビーベッドだ
ったり「プロダクトデザイン」なのかもしれませんが、それはだれも意識しません。

それらは「すでにそこにあるもの」です。

自らも「デザインする側」の気持にならないとそこに「デザインは発生」しない
のです。

なんだか充分に「難しい話」になってきました。

やさしく話がはじまっても結局は本質論になるんだと思います。だったらやっぱり
入り口は「やさしい」方がいいですね。


11:06 AM