« 学習と確認 | メイン | 20号 »

March 22, 2008


山田守作 東海大学代々木校舎

事務所からほどないところにある東海大学。今はその本体は湘南の方にあるのでここ
に通う学生さんを見かける事は入学試験をのぞいてあまりありません。

東海大学から数百メートル進んだ先には東京大学の駒場があります。
反対方向に数キロいったところにはその昔東京教育大学の体育学部があったそうです。

当時は多くの学生さんがこのまわりには下宿していたんでしょうね。学生の街です。

いつか「晴れた時」にこの東海大学の写真を撮りたいと思っていたのが今日果たせま
した。往時の学生さんが行き来していた時代に思いを馳せていました。

「三丁目の夕日」の時代にすでにこの校舎は建っていたそうです。(1955年)
東京タワーが出来る前にこの小さな「東京タワー」は学生さんや周囲の人はどんな未
来を感じていた事でしょう。 あらためて先進性にびっくりしました。

1960年にFM東京の前身「FM東海」の放送がここからはじまったとも書かれています。

わたしはこの校舎を見る度に鉄腕アトムにでてくる「お茶の水博士」を思い出します。
いかにも未来科学研究所みたいです。

逓信省(郵便と通信をまとめていた官庁)出身の山田さんの「未来感」が凝縮してい
ます。 そして1964年京都タワーにたどり着く訳です。

脈絡という点では、「武道館」だけが謎なんですね。

1tou1.JPG


1tou2.JPG


1tou3.JPG

08:10 PM