« Stereo Sound | メイン | 後押し »

March 18, 2008


漠然ではありますが

「デザインの誠実」とはなにかを考えています。

それに限らないのですが、もう一度自分のデザインがなにを目指しなにを
実現できるのか考える時期(こういうものは時期ではないのですが)にきて
いるとかなり重く(そう書く時点で軽いのですが)思っています。

逆にいえば「思える」だけの「間合い」が問題と自分の間にできてきたのか
もしれません。

なにせ行為しているときには、そういう気持ちにはなれません。しかし今は
行為(デザイン)しながらもそういう問題を背負っています。

「大文字のデザイン(プロダクトデザイン)」をわたしは、ほんとうにできている
のか? 公共機器に関わるだけで免罪符的に「大文字」だと思い込んでい
ないのか?

「値段もデザイン」ということでほんとうにデザインとしての質は矜持は保てる
のか?

そういう疑問に対して「磐石」である必要があるとも思いませんが、自分の
ベクトル(方向性)がほんとうに「あるべき方向」を示しているのか。

もう一度「構成」してみようと思っています。 

書いてそれで済んだ気にならないように。


本文とは直接は関係ないようですが「この文章を読んだことも影響したので
http://metabolism.jugem.jp/?eid=460
こう感じている人が出てきている。(それを口にするようになった)


このことを「世代」ではなく「今」として思っています。

01:42 PM