« 同じ空気 | メイン | »

February 02, 2008


素材感

1al1.jpg

たて・よこ・たかさそれぞれ「80mm」のアルミブロック。

今 新潟県燕三条にある金属加工メーカー「株式会社タケダ」と共同でデザイン
プロジェクト「PRIMARIO」の開発をしています。

ステンレスやアルミを使ったステーショナリーや生活用品を作ってみようとして
いますが、道具にはならないかもしれないけれど「可能性」をみたいとおもって
ちょっとおねがいして作ったのが、この一辺80ミリの直方体です。

わたしが最初に入った会社はオーディーオメーカーでした。
当時アルミを使ったパネルの全盛時代で、日々アルミのカタチを考えていました。

最近ではステンレスを使用した生活家電を多くデザインしていますが、やはりア
ルミというものに格別の思いがあります。

そのアルミの「素顔」が見てみたいと思ったのです。

タケダさんに「直方体で中身を肉厚3ミリで中をくりぬいた箱のようなものを作っ
てみて下さい」とお願いしました。

実は技術力を見る時に、そんな単純なカタチをおねがいされることは無いそうです。

わざわざ工作機でくりぬかなくても他の方法を使えば出来そうなものを手間をかけ
て作るのはある意味「無駄」な行為でもあります。

それだけにやる価値はあるように思ったのです。

そして出来上がったのがこの80ミリの小箱です。見事に厚み3ミリでしかも蓋が
ぴったりと一致して一見「塊」です。

最初に見せていただいた時『わー』と思わず声が出ました。

1al2.jpg

11:16 AM