Archive of August 2018

August 30, 2018


ことばのチカラ

家計簿アプリ「Zaim」を作られた方が、わたしの言葉

「機能を増やすには技術がいるが、機能を減らすには哲学がいる」を

引用してくださっています。

そうインタビューの中で語ってから12年が経過しました。

(最初にその言葉を発してから35年も昔の事ですが)

ある方が、インタビュー中のその言葉を抜き出してタンブラーに掲載し

てくれた訳ですが、今では6000近いリアクションがついています。

わたしはハードウェアつまり「製品のもつ過剰な便利さ」への警鐘的な

ニュアンスでその言葉を使いましたが、ネット上で特に反応を示してい

たのがウェブデザイナーをはじめとするソフト開発の担当者の人でした。

ハードは部品的制約や納期的制約等「明確に断れる」要素がありますが

なにがどうなっているか「カタチ」として見えないソフトは、「要求が

いくらでも通りそうな気になる」クライアントが多いのかもしれません。

「断る理由ずけとしての哲学」というのは変ですが、そこに明確な「自

分のスタンス」の必要性がより高いのかもしれません。

https://www.shigotoba.net/expertinterview1807daremogatsukaumono1.html

7:46 PM

August 25, 2018


JALマイル

JALマイル.jpg https://www.jal.co.jp/jalmile/use/furusato/area/koshinetsu/

JALのマイレージ特典の中に「ふるさとからのおくりもの」と題して

全国各地の特産品を選べるサービスが開始され、今回タケダデザイン

プロジェクトの「スマフォスタンド」が選ばれました。

さらに「おすすめ商品」として紹介されています。

一昨年の夏には、銀座和光でも販売されましたし、昨年はみずほ銀行

のキャンペーン提供品にも選ばれたりと、高級感のあるスマフォスタ

ンドという独自のスタンスを獲得したようです。

飛行機会社と言えば今年のANAの特製手帳をタケダデザインが手がけ

ましたし、JR東日本の観光列車「四季島」にもオリジナルグッズとし

てタケダの箸置きが選ばれています。

旅のイメージアップというひとつのカテゴリーがあるのかもしれません。

四季島.jpg https://www.jreastmall.com/shop/g/gS006-007/

12:13 PM

August 21, 2018


物語性

早々.jpg

美しいものを作る人が殊更人よりも美しく世の中が映っているわけ

ではないでしょう。

美術やデザインを学んで思うのは美しさと言うのは「内在」して

いてそれを「綺麗な枠」でトリミングするとなぜか美しく見える

という事です。

「枠を持つ」という表現はあまりよろしくはありませんが、そう

いう「ファインダー」はセンスかなと思います。

9:50 AM

August 11, 2018


デザイン力

38792377_1903597473267506_1550834672504668160_n.jpg

昨日(8月10日)発売の自動車雑誌「ベストカー」で「デザイン力」と

題していくつかの事例が紹介されていますが、新型信号機の事について

取材して頂いたものが掲載されています。

発行部数が多い。月に二回の隔週発行ですが、その発行部数は23万部

になっています。

自動車・オートバイ誌の中では断然トップですが、雑誌全体でも22位

というすごさ。(2016年)ちなみにトップはなにかと話題の週刊文春

で66万部です。以前やはり信号機を取り上げてもらったプレジデント

誌は、15位で28万部(現在は32万部に増えています)ビジネス誌の中

ではダントツの数字です。(ちなみにデザインの有名な雑誌2誌の発行

部数を見るとそちらも1万部前後なんですね。)

強引な結論をこのふたつから導きだすと「デザインを取り上げるには

その世界でリードしていなとなかなかそこに行き着かない」という事

になろうかと思います。

さてさてベストカーは講談社の雑誌です。文春というよりは現代です

ね。みなさんご存知のように文系の目指す企業の頂点の一つが講談社

をはじめ集英社、小学館があります。東大京大当たり前の世界です。

プレジデントで信号が取り上げられた時の表紙に書かれていたタイト

ルは『悪口をいうひとはなぜ悪口をいうのか。』こんな生々しいテー

マはデザイン誌にはあり得ない。

ベストカーの表紙のインパクトは強烈だし、中に書かれている事も

各社のクルマに関して「忌憚の無い事」が書かれています。

日本の企業のトップはトヨタでホンダが続きます。ようするに自動車

とその周辺で世の中はまわっている。そしてその事に関心がある人の

関心を引くのは非常に大切な行為だと思うのです。

デザイン力を上げるにはとても大事な「フィールド」です。

秋田道夫

5:36 PM