Archive of February 2018

February 28, 2018


あの輝きは切磋琢磨

先日受賞をお知らせした「ジャパンツバメデザインコンクール」の詳細

な情報が出ていました。

http://www.city.tsubame.niigata.jp/industrial/016001127.html

グランプリは新ヤスリ「初爪 HATSUME」株式会社柄沢ヤスリです。

製品は、マヒがある患者さんにも使える爪ヤスリが欲しいという医療現

場の声を受けて会社・医師・デザイナーが連携して作り上げた、とても

こころざしと思いやりにあふれた製品です。

まさにグランプリに相応しい。

金属洋食器部門の準グランプリである三宝産業株式会社のステンレスグ

ラス類もとても洗練されたデザインです。

まかない丸バット&まかない平ザルの一菱金属株式会社は、同じシリー

ズのステンレスボールで今年のiF賞を受賞しています。

カレー用スプーンで受賞した山崎金属工業株式会社は、ノーベル賞授賞

記念晩餐会で使用されるカトラリーで有名になった日本を代表するメー

カーです。

およそ「燕市」というひとつの市の中で生まれた製品「だけ」で成り立

っているコンクールとは思えない内容の濃さです。

その国の競技レベルの高さを言う時に、「オリンピックで受賞するより

も、国内の選考に選ばれる方が難しい」という例えがありますが、まさ

に燕市は、金属製品の切磋琢磨が長年にわたり高いレベルでなされてい

るのを感じます。

秋田道夫 2018/2/28

9:47 AM

February 24, 2018


その先のさらに先

65.jpg

タケダデザインプロジェクトの製品「ルーペ65ステンレスバージョン」が

燕市の主催する「ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクー

ル2018」において、準グランプリにあたる経済産業省製造産業局長賞を

受賞しました。

今月のはじめには、ドイツの「iFデザイン賞」を同じシリーズの「ルーペ

45」が受賞したばかりなので一ヶ月にふたつの朗報が入って来たわけです。

_

わたしは自分のホームページであるこの「LFF(Language for Form)」に、

受賞歴もメディア掲載情報も講演歴も掲載していません。

それはなぜかといえば、生意気をいわせていただくと「(自分が)思う程

に受賞をしてはいない」事「(自分であえて)いう程に雑誌に掲載されて

いない」という過去の思いがある訳です。

なにか受賞していないと「様にならない」と思って様々なものをひっぱり

出しては来ましたが、「格好わるい」わけです。

仮説として、いっそなにも書かない方が「穫っている」「出ている」とみ

んなが勘違いされるかもしれないなあと思いました。

それを「実行」したわけです。

わたしは、SNSでも出張の話や今の仕事についてほとんど触れません。

とにかく「なにかをしているから価値があるわけではなくて、したことの

価値がフラットにかつ時間の経過とともに価値が増している様」を見せた

いという思いがあるからです。

2018年 2月 24日  秋田道夫

10:36 AM

February 19, 2018


tsutsu light

tsutsu-nohara-.jpg

https://www.assiston.co.jp/2052

久しく話題から遠ざかっていた水筒「tsutsu」のお話ですが、実は一昨

年だったと思うのですが、一連の水筒シリーズが製造中止になった事を

知りました。

実は、その頃に起きていた「バクガイ」の対象に日本のステンレス水筒

がなっていて、わけてもSUSギャラリーの製品が「ブランド」になって

いた事をメディアで知りました。それだけに製造中止にする理由がわか

らなかったのですが、今年になって新たな製品として登場しました。

それが「tsutsu light シリーズ」です。

本体に使用されるステンレスを薄くし、以前のタイプに比べて30%も軽

量化されたそうです。

なんだかワクワクしますね。

良いものが、得心しているものが姿を消すのはやはり寂しい。

こうやって外観は同じで実質「性能アップ」して再登場するというのは

とても嬉しい事です。

秋田道夫 2018年2月19日

4:18 PM

February 1, 2018


IF DESIGN AWARD 2018

IFデザイン賞.jpg

4:43 PM