Archive of April 2017

April 29, 2017


新生

devicetyle.jpg

devicestyleのホームページが新しくなっていました。

なにかを最近感じたのですが、その感じた事はきっと新しくなった事

だったのでしょう。

devicestyleが産声を上げたのは、2002年の事でした。今年で15年が

経過した事になります。しかし名前は同じでも現在の会社は、代表も

場所も開業当時と違います。

新しくなったホームページには、から継続した製品はほぼ姿を消しま

した。

名前は残りましたが、実質まったく別の会社になったという事かと思

います。

わたしがなぜこの記事を書いたかといえばその名前と「ロゴタイプ」

に関してです。

ロゴの前についている「鳥の足跡」のようなマークは、こうやって大

きな図だと判りやすいのですが、「三角形の影」で出来ています。

左向きの三角と右向きの三角の「影」がシンボルマークです。

どういう意味かと言えば「輸入」と「輸出」の両方を目指していると

いう企業の「スタイル」をシンボル化したものです。

deviceは、ヘルベチカの小文字。STYLEは、タイムズの大文字。

どちらも昔からある定番中の定番とも言える「ゴシック体」と「セリ

フ体」です。要するに会社とデザインの「普遍性」を表現したいと思

って使ったものです。

15年が経過して新しいホームページでより明確にロゴが使われた事を

嬉しく感じたので紹介しました。

_

タイトルは「新生」。

偶然にも、2000年代の仕事は紹介しないようにしようかと思っていた

わたしの気持にリンクしました。

2017/4/29

秋田道夫

10:23 AM

April 24, 2017


GINZASIX

4月20日に銀座六丁目に巨大なコンプレックス(複合施設)がオープン

しました。手がけたのは「六本木ヒルズ」を手がけた森ビルです。

GINZASIXはもちろん「六丁目」から来ていますが、わたしには六本木

の「六」も見え隠れします。

six.jpg

sivt.jpg

sixdesk.jpg

https://store.tsite.jp/ginza/floor/shop/tsutaya-stationery/

3:42 PM

April 24, 2017


「普通」について

奈良を中心に活動されている山本あつしさんとの対談の抜粋です。 (2011年)

《普通の話》

Q.山本

「普通」という言葉についてふと思うことがあります。「あなた」と

「私」の「普通」はもちろん違うだろうし、「私」の中でも「昨日」

と「今日」、「明日」で「普通」は違うかもしれない。「普通」とは

いわゆる幻想ではないかと思うのです。

秋田さんにとって「普通」とは何ですか?

A.秋田

「普通」の例えとして適しているかはわかりませんが、先日「リクル

ートスーツ」について『どうしてみんな同じ格好をして個性を主張し

ないのか』という批判を読みました。

わたしはリクルートスーツを「没個性」と捉えるのは就職を求めてい

る若者達の本音を理解していないように思いました。

まずみんなは「賢い選択」として「合理的な結論」としてそのスーツ

を選んでいます。なぜならリクルートスーツを着用すれば「賢そう」

に見えて「仕事ができそう」に見えて「組織での協調性がありそう」

に見える訳です。そういった服装を探しまわらなくても一万円そこそ

こで手に入れる事ができるわけです。

非常に合理的で賢明な選択です。長い時間をかけて「就職に成功した

人」の話を集約した結果「今のリクルートスーツ」に行き着いたので

しょう。

つまり「みんなと同一になりたくはないという思いの結果が、同一」

なんですね。

じゃあ同じスーツ姿は見たくないと思った人気の企業が「リクルート

スーツお断り」とおふれをしたとしても、一年目は多様になっても、

結局は「うかりそうな私服」がまた流行するでしょうね。

わたしがどうしてもその会社に受かりたかったら、前年にその会社の

面接の日に、会社の前で受験者を「ウオッチ」して、その中から好感

をもたれそうな服装(私服)を見いだして自分なりにアレンジするか

もしれません。

そういう現象は「リクルートスーツ」に限らずメディアにもデザイン

にもあふれている事です。

しかし視点を変えればみんなが同じ服装であるという事は「みんな裸」

と同意ですよね。わたしはその方が「各自の個性が見える」と思う訳

です。

同じ鉢植えに植えられていたほうが「花の差(個性)」は際立つと思

います。

つまり「普通」は良くありたいというカタチを模索した結果であって、

みんなが感じるほど「自然となれる」ものではないと思います。なに

もしなければ「普通にはなれない」のではないでしょうか。

◆ならそら ARCHIVE / プロダクトデザイナー 秋田道夫

http://narasora.sakura.ne.jp/archive-akita.html

10:58 AM

April 6, 2017


ふるさと

10:31 AM

April 2, 2017


Pen 2017年4月15日号

Pen.jpg

6:06 PM