February 6, 2018


その事の意味

カトラリー展示会モノクロ.jpg

https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/15213/1926?pu=1

mAカトラリーが好調です。

「ふるさと納税」の贈答品の対象に選ばれた事がそのターニングポイント

ですが、燕市でつくられているものが自動的にすべて贈答品になるわけで

はありません。mAが選ばれたきっかけは燕市が主催するデザインコンペ

「ツバメデザインコンクール」に入選した事にあります。

ひとつのハードルを越えた訳です。

そのサイトで一月から「ツバメメイドで新生活応援!」と題した特集が

組まれているのですが、そこにmAのカトラリーと同じく燕市で生産さ

れているタケダデザインプロジェクトの「箸置き」が選ばれています。

なにせ燕市で作られているスプーンやフォークなどのカトラリーは日本

国内シェアの90%以上を占めています。

有名なラッキーウッドやカイ・ボイソンそして柳宗理さんのカトラリー

もすべて同じ燕市で製造されています。

ちなみに「燕市」自体、ふるさと納税人気が高く全国に1700以上存在す

る自治体の内で、現在人気ランキングで9位です。

その燕市の「お気に入り数ランキング」で驚く事に「第2位」にmAカト

ラリーが入っているのです。90%で9位で2位。

まあ、それがなにという事でもありますが、「ふるさと納税」と「カト

ラリー」という事について多少は意味を理解出来たかなと思います。

2018/2/6 秋田道夫

11:05 AM

February 1, 2018


IF DESIGN AWARD 2018

IFデザイン賞.jpg

4:43 PM