Archive of July 2021

July 23, 2021


学ぶべきものがここにある

学校案内.jpg

https://zhuanlan.zhihu.com/p/390334827

日本で建築を学んでいる中国の方がまとめた「日本でデザインを学べる大

学院紹介ガイド」です。力作という表現が適切かどうかはわかりませんが

ここまで大学の特長(教授の紹介)をまとめたものを他に見出すことは難

しいでしょう。それだけ日本の(プロダクト)デザインに対する中国での

評価は高く、学習にたる国だと認めている証左かと思います。

このブログを始めた頃の名前が「ホワイトボード」でした。

どうしてホワイトボードにしたかと言うと「新たな文章を書いたら前の

文章が消える」という事を考えていたからです。そう言った意味では過

去の書きこ込みが残らない予定でした。

別に過去に書いた事を常にリライトするのは、難しいですが「そういう

つもり」ではあるのです。

なぜこんな事を書き出したかと言えば今どう言う心理かと言うと「書く

前にまた新たな事を思うので書けない」という気持ちです。

書いた端からまた別の事を思ったりします。

以前は音楽を常に流していたのが、今は無音で仕事をしているのと同様

にありえない事が起こるものです。

まあ、書き進まない最大の理由はFacebookに「ホワイトボード的な文章」

を書くようになったので、ここで書く事に対しての気持ちの入れ込みが

強くなってしまい「書くべき事」に対しての精査が厳しくなってしまった

事にあります。そんな精査(?)に耐えれる内容の話は毎日は書けません。

5:58 PM

July 1, 2021


感じるところ

今日は 7月1日つまり2021年の半分が経過したわけですが、どうもこの

半年を例年以上に早く感じている人が多いようなので、ちょっと書いて

みようかなと思います。

_

まず言えばわたしは「歳月の早さ」についてはとっくの昔に気がついて

いてすっかりその事を諦めて受け入れています。その上で「一年は長い」

と例年暮れになると書いています。

大体11月になると今年も終わったなあと考えています。そして12月は一

年を振り返るための「予備月」だと思っています。12ヶ月を11ヶ月で割

る(?)わけですから、少し暦を自分の考え速度が上回ります。

経営の神様松下幸之助の言葉にこんなものがあります。

「石の上にも三年という。しかし、三年を一年で習得する努力を怠って

はならない。」

6:12 PM

July 1, 2021


プロトタイプ

バリトリキ.jpg

これは昨年のはじめに描いた「バリ取り機」です。バリとは部品を打ち

抜いたりした時に出る材料の尖った部分を指しますが、それを回転する

バフ(布)で綺麗にする機械です。実物は高さが2メートル以上ある大き

な工場用の機械です。

実際には製品化に至らなかったので、仕事を進めていただいた方の許し

を得て、再度描き直しました。

「プロトタイプ」というのは、ようは「試作品」の事ですが、3Dの出来

上がりが非常にリアルになっているので、実際に模型に至らなくてもこ

うやって模型を撮影したような画像が出来上がります。

正直模型を撮影するよりも「リアル」かもしれません。すごい時代です。

4:26 PM

July 1, 2021


デザインメソッド「間違いを減らす」

80mmの理由.png

写真は80mmとその化粧箱との関係を描いたものです。

ようは高さと直径が同じ80mmなので、「どの方向に入れても間違いで

は無い」という事です。

実際にはそんな「間違い」はなかなか起きないと思いますが、わたしが

製品をデザインするにあたって考える事の一つが「間違いを生まない」

「使った人が恥ずかしい思いをしない」という事です。

8:53 AM