Archive of April 2020

April 30, 2020


新しいホームページが出来ました。

ホームページ.jpg

https://m-akita.jp/


「読むホームページ」です。


秋田道夫

2020/4/30

12:44 PM

April 28, 2020


将来の自分に

今日出来ない事は明日も出来ない。

明日の自分を当てにするな。

将来の自分に負担をかけるな。

「あの時やっていたから今助かっている。」

そんなプレゼントを将来の自分にして欲しい。

秋田道夫

2020/4/28

8:56 AM

April 23, 2020


つたえるしごとラジオを伝える

視点.png

https://www.youtube.com/watch?v=wPYfTAcxFhk&feature=youtu.be&fbclid=IwAR1WM5qLxxZPsfArdDv-WxsSqFXO377ufTnwy2v_DHHviJIX5sbuY2HMQ

ユーチューバーじゃないのですがYoutubeでお話をする時が来ました。

7:10 PM

April 21, 2020


退屈をしのがない

飛び出し坊やをいただいたというお話の次の話題としてはあまり適切で

はないのですが、「人気者です。」という感じもちょっと「むずむず」

するのでおよそその反対のお話を。

_

坂口安吾さんの小説に「魔の退屈」というものがあります。別にそれを

読んでくれというお話ではなくて、ただただその「タイトル」の面白さ

というか「そういう状態」であった事が何度もあるなあというお話です。

今であればSNSやブログで「なんでもない日常」をつらつら書いてなん

となく「充実感的ななにか」を演出も出来ますが、そのSNS前夜である

20年前には「暇は厳然と暇」でした。

毎日ぼんやりしておりました。それゆえこうやって今もデザインをさせ

てもらえているのは「奇跡」にも思えます。

ただ大学を出て大きな賞を取ったり、有名な会社にいたというある意味

実績とプライドがあったので「武士は食わねど高楊枝」的な人であった

事は否定できません。

_

言えるのは「暇」や「退屈」を、納得のいかない仕事やアルバイト趣味

で埋めなかった事です。

かっこつけると「仕事があろうがなかろうが頭の中では常にデザインを

考えていた」わけです。それを忘れてしまうような「行為」に走らなか

った。

おかげでいい仕事のありがたさも良くわかります。

秋田道夫

2020/4/21

3:26 PM

April 21, 2020


飛び出しアキタ

IMG_0310.jpg

IMG_0309.jpg

南政宏さんが発起人になってくださってこれまで滋賀県で一緒に仕事を

させていただいた方達から新事務所の「お祝い」が昨日届きました。

滋賀県名物「飛び出し坊や」のオリジナルバージョン「飛び出しアキタ」。

あえて「顔無し」になっております。

螺旋階段から今まさに外に飛び出そうとしております。

9:38 AM

April 20, 2020


計画というもの

わたしのスケジュール表は、来月はおろか今月も真っ白です。何十年も

前からそうです。

ブログでもこれからの計画については、ほとんど触れないようにしてい

ます。

おかげでこのような時期にあっても、延期・中止という事を書かずに済

んでいます。

「これから」を書く事は本人には活躍を示すいい機会ですが、ではそれ

を見た人が関心があるのかは甚だ疑問です。楽しみとコメントで書かれ

ていてもほんとは「関心がない」というのが結論です。

_

計画というのは、本人のモチベーションに他なりません。

しかしわたしはモチベーションに依存して仕事をしていません。

来たものを淡々としかし誠実に仕事をしていくだけです。

秋田道夫

2020/4/20

10:31 AM

April 17, 2020


リフレイン

新しいホームページは、今月末か来月の頭には開示できるかと思います。

「読めるホームページ」を意識して製品の説明も多めになっています。

たぶんそれ以上に白眉なのは、「ことば」というコンテンツを用意した

事です。ここにはかつて「d long life design 」に連載していた「デザ

インの初心」が転載されています。

その原稿を改めて読み直しましたが、その15年も前に書いた文章の中に

「すべてが書き尽くされている」という感じがしました。

その本質を手を変え品を変えてブログを書き続けている感じです。

ただ思うのですが、一見それは「年寄りの繰り言」と同じようにも思い

ますが、「リフレイン(繰り返し)」は案外に大事な事かもしれません。

なぜなら15年前には「存在しなかった製品」が沢山ある事です。

そしてもっと大事な事は「15年前に発売されたものが今でも新鮮さが保

たれている」というか「今の時代の方がフィットしている」とすら思え

るからです。

15年前に考えていた事が「今も同様に言える事」もすごい事かもしれま

せん。

秋田道夫

2020/4/17

10:06 AM

April 5, 2020


コンテクスト(脈絡)

futu.jpg

ginza_six02.jpg

一本.jpg

CA3S.jpg

ステンレスルーペ.jpg

最近はこれまでのデザインを振り返っておりますが、わたしは1990年代

と2003年に発売されたデバイスタイル以降では、大きく「作風」が変わ

っています。

そこになにがあったかと言えば、90年代はほんと試行錯誤というか流行

を追いかけたり反発したりで「自分の仕事」をしていなかったように思

います。その反省をふまえて2000年以降は素直に自分のデザインをする

事でした。

でも今になるとその90年代の「色々やってみた」事が興味深く映るんで

すね。時代がまた一巡したのかもしれません。

そこで1990年代半ば使い始めたばかりの3Dソフトでどうやって使うか

もわからないで描いたの最初のスケッチです。

もともと建築好きなわたしは未来派と呼ばれた「アンビルト(実際に

建てられなかった)」のスケッチに魅了されていた時期があるのです

が、そのイメージで描いたモノです。実は最近使い慣れた3Dソフトで

描き直してみましたが、不慣れなこの原画のワクワクするような感覚

は再現できませんでした。そこには「初心」があったんだなと思いま

した。

その1997年頃に描いたカタチが今から見ると2000年代以降わたしの

デザインにも少なからず影響を残している事を改めて感じたわけです。

秋田道夫

2020/4/5

12:13 PM

April 3, 2020


初心の意味

「デザインの初心」

今進行中の新しいホームページの中に「d long life design」に連載し

た「デザインの初心」が転載出来る事になりました。

_

「初心忘るるべからず」は、能の世阿弥の言葉なんです。

著書「花鏡」の中にこんな一節があります。

是非の初心忘るべからず。

時々の初心忘るべからず。

老後の初心忘るべからず。

年齢も年齢なので最後の一行がずっしりきますが、「老年期になって

初めて行う芸というものがあり、初心がある。年をとったからもうい

いとか、完成したとかいうことはない」と解説があります。

「老年期になっても初めてデザインする製品があり、そこには必ず初

心がある。」「初めてである以上これまでの経験でなんとかなるとか

これまでのカタチで終われる事はない。」

秋田道夫

2020/4/3

11:00 AM

April 1, 2020


「才能」

「デザインの質は知識の量に比例する」

_

実はわたし「才能」というものがよくわかりません。それだけではなく

「センス」もよくわからないし、「努力」というのも分からないという

かあまりしたような気もしていません。「体力」にはもともと自信があ

りませんので、フリーになってから徹夜を一度もしていません。30年間

しかし「怠けない」「弛(たゆ)まない」という意味においては、多少

は誇ってもいいかもしれません。土日も連休も事務所に出ていますから

徹夜しなくても作業時間はたっぷりです。

_

建築界の巨匠である丹下健三さんの本を書いた藤森照信さんの話で興味

深かったのが、丹下さんと大学の同級生のインタビューの中で『ことさ

ら才能があるとは感じなかったけれど、情報収集能力には秀でたものが

あった。』と語っていた事です。

今のようにインターネットがあるわけでも海外の情報を得るには大変な 

苦労があったと思いますが、そこに情熱があったわけです。

それはグラフィックの巨匠亀倉雄策さんにも同様の話があって、戦前に

海外の雑誌を購読していたというエピソードがあります。

ようは「これまでにどんな良いものがあったか」を知る事だと思います。

べつにその期間「才能」なんていう事に頓着も執着をする必要もないし

まわりの才能に気にする必要もありませんしましてやコンプレックスを

は自分の知識を高めてから考えれば良いと思います。

『そんなので上手くいくのか?』と思うでしょう。その「上手くいく」

という考えも捨てた方が良いかと思います。上手くいくかどうかはその

時点ではわかりません。それは「目標」たり得ません。

そんな事を考えなくても知識が増えると楽しいものです。なにを見ても

滋養になりはじめます。ようは「知るのが好き」というのがあえて言え

ば「才能」かもしれません。

秋田道夫

2020/4/1

5:38 PM

April 1, 2020


新名刺

名刺.jpg

2:39 PM