Archive of January 2020

January 23, 2020


具現化

階段.jpg

部屋部屋.jpg

椅子椅子.jpg

5:17 PM

January 16, 2020


良いデザイン良い商売

中国で開催されているデザイン賞のひとつに「レッドスター賞」という

ものがあります。「あります」と言っても中国のデザイン事情に明るい

とは言い難いのですが、このレッドスター賞は応募総数が6000点を超

えいて中国国内では「デザイン賞のオスカー」と呼ばれているそうです。

審査委員でもないわたしが、なぜか検索にそのレッドスター賞が出てき

たので、なにかと調べたら、中国の経済コラムにその賞の紹介記事があ

って「デザインとビジネスの関係性」についてなぜかわたしのかつての

言葉が引用されていたわけです。なんだかすごいお話です。

_

『一般ユーザーは、良い外観のものを良いデザインだと思っています。

その素直感想に値するべく、デザイナーは良い外観は使いやすさと良い

機能を持っているからこそそうなっているという事を遂行しなければな

りません。

デザイナーは、既存の製品を常により良きものに変えていく勇気を持た

なくてはなりません。

そしてそれが「良いデザインのものは良いビジネスに繋がる」という良

好な関係性を築くのです。』と。

当たり前の事をきっちりと言っているだけですが、なぜこの話が引用さ

れたかといえば、日頃わたしのデザインが中国のサイトでは「哲学的」

と称されているので、その「お金とは無縁に見えるわたしがいうビジネ

ス(商売です)という言葉に新鮮味があった」という事が一つと、もっ

と大きな理由は中国の製品は「模倣」や「盗用」が多いという事実に鑑

みて、安易な今の儲けではなく長期的な反映にはデザインが有効である

事を言語化しているところにあるかと思います。

そういった意味では、2006年に発足したこのレッドスター賞も「模倣よ

りもオリジナリティー」を評価するために作られたものの一つでしょう。

_

実は、日本のグッドデザイン賞も「模倣よりもオリジナリティー」を評

価するために1957年にできたものですが、実はデザイン性の優れた国と

して知られるドイツのデザイン賞も実は、敗戦国として荒廃した国の中

で粗悪な製品が横行している状況を打破するために1953年に創設された

のがジャーマンデザインアワードでありIF賞であり1955年にはレッドド

ットデザイン賞の創設に繋がっている歴史があります。

_

その記事を書いた人は「デザイン賞とは既存の製品をより良きものに変

た勇気を行動に移した人モノを称えるものである。」と言いたかったの

だと思います。

秋田道夫

2020/1/17

10:50 AM

January 9, 2020


わたしの10年あなたの10年

わたしの話というのは、10年20年という歳月を自在に(?)行き来する。

それを歳のせいとするのは読む側の勝手ではありますが、わたしと同世代

ならたぶんそういう時間軸で生きているし、わたしよりも若い世代ならい

ずれそういう時間軸になっていくでしょう。

わたしはなるべく「観客席(読み手)」を見ない様にしています。さら

にもっとも大事にしているのは、観客席に「呼び掛けない事」です。

『そう思いませんか?』なんて同調を誘発する様な言葉はブログを初め

て15年以上ですが、一度も記憶の中ではありません。発言は自己の中で

完結する物ものです。

_

しかしふっとさっき自分検索で出てきたわたしの講演や講義に出てくれ

た方達の感想文を読んでいて、それが10年前のモノだったりする事に気

がつきました。

つまりわたしが10年の時間が経過したなら観客も10年経過しているとい

う誠に当たり前な事に今更気がついた訳です。

10年前でもすでに社会人ならともかく高校生から大学生、大学生から社

会人という人生でも指折りの変化を経験した10年をどう記すのか、あの

時に聞いた講演はその後どう消化されたのか。そんな事を思いました。

10年前まで戻ってもすっかり社会人というかフリーのデザイナーだった

わたしですが、確実にこの20年この10年は大きく前に進んだつもりです。

その事の意味をわたしではなく見る側だった聴く側だった人たちはどう

受け止めているのかを知りたくなった朝でした。

秋田道夫

2020/1/9

11:40 AM